【ステップ2】具体例で優しくわかる相続税の計算の仕方

相続税の計算の仕方ステップ1では、正味の遺産総額まで計算しました。

【ステップ1】具体例で優しくわかる相続税の計算の仕方

この相続税の計算の仕方ステップ2では、相続人全員が負担する相続税の総額を計算します。

相続税額計算の全体像と流れ

相続税額計算の全体像と流れを再確認します。

  • STEP.1
    課税価格の合計額の計算
    資産から負債を差し引いて課税遺産総額を求める
  • STEP.2
    相続税総額の計算
    課税遺産総額を基に相続人全員が納付する相続税の総額を求める
  • STEP.3
    各相続人の相続税の計算
    ステップ2を基に各相続人が納付すべき相続税を求める

今回は、STEP2の相続税総額の計算について説明します。

相続税の計算ステップ2. 相続税総額の計算

まずはステップ2の相続税総額の計算の流れを確認し、その後、具体例を通じて説明します。

  • STEP2.1
    各相続人の取得金額の計算
    課税遺産総額を法定相続人が法定相続分通りに相続したものと仮定して、各相続人の取得金額を計算する。
  • STEP2.2
    法定相続分に応じた相続税の計算
    各相続人の法定相続分に応じた取得金額に税率を乗じて相続税を計算する。
  • STEP2.3
    相続税総額を計算
    各相続人の法定相続分に応じた取得金額に対する税額を合計して、相続税の総額を計算する。
MEMO
ステップ2.1(各相続人の取得金額の計算)では、実際には法定相続分通りに相続財産を取得していないとしても、まずは法定相続分通りに取得したものと仮定して計算します。

相続税の計算ステップ2.相続税総額の計算の具体例

相続税の総額の計算を具体例を用いて、簡単に説明します。

前提 相続人は妻、長女、次女の3名
相続財産の合計額:4億円
非課税財産:2,500万円
債務・葬式費用:5,500万円

この前提を基に正味の遺産総額を算定すると3億2,000万円になります。正味の遺産総額についてはステップ1で説明した通りです。

正味の遺産総額
3億2,000万円=4億円ー2,500万円ー5,500万円

【ステップ1】具体例で優しくわかる相続税の計算の仕方

基礎控除額は3,000万円+600万円×相続人の数です。

したがって基礎控除額は次のようになります。

基礎控除額
4,800万円=3,000万円+600万円×3人

正味の遺産総額は3億2,000万円のため

3億2,000万円 > 4,800万円

基礎控除額より正味の遺産総額の方が大きいため相続税が発生することになります。

課税遺産総額は次の通りになります。

課税遺産総額
2億7,200万円=正味の遺産総額3億2,000万円ー基礎控除額4,800万円

まどか

課税遺産総額は、正味遺産総額から基礎控除額を差し引いて求めます。

ステップ2.1 各相続人の取得金額の計算

ステップ2.1では、“課税遺産総額を法定相続人が法定相続分通りに相続したものと仮定して、各相続人の取得金額を計算”するので、2億7,200万円を法定相続分で相続したものと仮定して計算します。

各相続人の取得金額
妻:2億7,200万円×1/2=1億3,600万円

長女:2億7,200万円×1/2×1/2=6,800万円

次女:2億7,200万円×1/2×1/2=6,800万円

相続人の法定相続分についてはリンク先の記事で確認できます。

【要確認】相続対策のために絶対知っておきたい6つのキホン

ステップ2.2 法定相続分に応じた相続税の計算

ステップ2.2では、“各相続人の法定相続分に応じた取得金額に税率を乗じて相続税を計算”します。

具体的には次のようになります。

各相続人の相続税額
妻:1億3,600万円×40%ー1,700万円=3,740万円

長女:6,800万円×30%ー700万円=1,340万円

次女:6,800万円×30%ー700万円=1,340万円

MEMO
各相続人の相続税額は次の算式で求めます。
法定相続分×相続税率ー控除額

税率と控除額については下の表を参考にして下さい。

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

(参考:国税庁webサイト)

ステップ2.3 相続税総額の計算

ステップ2.3では、“各相続人の法定相続分に応じた取得金額に対する税額を合計して、相続税の総額を計算”します。

したがって相続税の総額は妻、長女、次女の相続税額を合計した金額となります。

相続税の総額
6,420万円=(妻)3,740万円+(長女)1,340万円+(次女)1,340万円

この一連の流れが、相続税の計算の仕方ステップ2“相続税の総額の計算”になります。

つづきは、相続税の計算の仕方ステップ3で確認して下さい。

相続税の計算の仕方ステップ3